お金を借りることは極力避けるべきこと

お金を借りるのに抵抗のない人っていますよね。
気楽に、お金貸してと周りの人に言えるし、返せなくてもあまり気にしてない人。
そういう人は絶対に周りから信用されません。
そして周りから人がいなくなります。
だから、お金を借りるのは基本的に知り合いからはしてはいけないと思います。
どうしても仕方のない場合には、せめて個人からではなくきちんと消費者金融など申し込んだり銀行カードローンを利用した方が良いです。
最近はカードローンなのにカードレスローンがあるので、家族にも知られなくて安心ですし。
貸した相手は、貸したお金の事は絶対に覚えています。
そして、もう返してもらえないと思って貸していても実際に返してもらえないとその人の事を悪く思うのです。
返すつもりがあっても、お金なんて借りるべきではないのです。
その人との人間関係が悪くなるのは間違いないからです。
仲良しなら仲良しな程、貸したはいいけど返してくれとは言い出しにくいのですから、そこに付け込まれたと思った人はもう二度とあなたを信用しないでしょう。
私は、そのため借金だけはしないように慎ましく身の程を知って生活しています。
分不相応な買い物やサービスには絶対に手を出しません。
借りなくては買えない、手に入らないものは諦める癖を付けてます。
以前、知人から貸して欲しいと頼まれた時はすごく悩みました。
断る方としても、貸さないのは相手を信用してないと言ってるようで心苦しいのです。
だから、知り合いへのお金の貸し借りは申し込むのすらやめて欲しいです。
私は結局貸さなかったけど、それ以来その相手とは気まずくなってしまいました。
そんな風になるよりも、せめて余計な感情の要らない、銀行や消費者金融と契約する方が絶対に失うものは少ないはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA